TOP > チーム紹介

チーム紹介

指導方針(東大和はこんなところです! )

指導方針

 

 東大和リトルシニアでは、監督(指導)歴40年以上の監督が選手一人ひとりを見極め、その選手に合わせた指導を行っています。また、監督自身も各高校に足を運び、練習方法の発掘やその高校の雰囲気や特色を見て、選手の進路相談時に生かしています。

 

 中学生は次のステップである高校野球に対応するための大切な準備期間であると考え、特に体力と基本技術を徹底的に指導し、習得しなければなりません。

 そして、実際にプレーを行うのは選手です。練習を頑張って個々の力(精神力・技術力)をどれだけ試合で発揮し、達成度が得られるように指導者は選手に力を貸してそれに寄りそう存在であると考えます。

 

【野球を通じての人間性の向上】

礼儀(挨拶)や正しい生活態度を育てることが第一と考えます。

日頃から選手たちに常に目標を持って練習を行わせ、自らが考え行動することを大切に、自立した一人の人間として力強く生きていくための力を養っていきたいと思います。

 

【野球選手としての身体(体力)づくり】
高校で通用できるように長距離走やダッシュなどを徹底的に行い、基礎体力の向上と食育を通じて身体づくりを行います。また、ストレッチなどで柔軟性を高めてケガの防止に努めます。
 
【野球選手としての基本技術の習得】

練習中は監督自らが一動作ごとにその場ですぐに指導します。効率的な体の使い方や基本技術を解りやすく選手へ伝えるため技術の習得が速いです。

しかし、バッティングや捕球などの技術の習得度は選手によって個人差があります。一定の技術に到達するまでステップを踏んで個人指導を行います。

また、選手一人ひとりの個性を生かし、弱点を補い、個人力を最大限に生かすための指導を目指します。

 

 

 野球をやる以上、夢はプロ野球選手ではないでしょうか?これからの長い野球人生の中でいつ華が咲くか判りません。高校・大学・社会人と夢に向かって頑張ってもらいたいと考えます。

 

 昨今、原因は様々であるといわれますが、少子化や野球のできる環境の減少で野球人口が減少しているといわれます。当チームも結成をして間もないため少人数ですが豊富な練習量で、今年度は関東大会まであと一歩のところまで力をつけました。

 

 
1
プロフィール
他チーム練習ログ
→→全練習ログを見る