TOP > 入団案内

入団案内

 【 お知らせ 】


 
 ☆ 体験練習、入部の受け付けは随時
   行って居ますのでご希望の方は
   「体験練習のご案内」 よりお問
   い合せ下さい。
 
  ◆ 平日の夜間練習も体験可能です
  ◆ 動体視力を養うナイター練習は必見
  ◆ 2度、3度の練習参加も可能
 

 【 募 集 内 容 】


 
 ☆ 募集人員
       
       20 名程度 
  (集まり次第、受付を終了します)
     
  ◆ 在部生の人数(平成28年 4月29日現在)
     3年生 : 10名   
     2年生 :  6名 
     1年生 : 13名
     
     

   
 ☆ 入部資格
 
   平成29年度 中学入学予定の小学生の皆さん!!
 
   ◆ 現役、中学生の子供達も入部可能です、ご相談下さい。
 
 

 【 チーム概要 】


 

 ◆  チームの概要

   詳細のページに移動します!!

 

  ● 監督挨拶

  ● 練習風景

  ● 過去の戦績

  ● ソフトバンクホークスに在籍し

    ている真砂選手の近況

 

    などを掲載しています。

 【 会費等 】


 
 ◆ 入会金(設備維持費) 
      10,000円
 ◆ 部  費(月額)     
      10,000円/月
 ◆ 後援会費(月額)    
       3,000円/月
 ◆ 遠征費 (*1)        
       2,500円/回 
    *1 遠征先、内容(宿泊、遠方)により金額が変動する可能性が有ります。
 

 【 必要な野球道具類 】


 
 
   ◆ チーム統一用具
     ・ ユニフォーム(公式戦用 ・ 練習試合用)
     ・ 帽子(公式戦用 ・ 練習試合用)
     ・ グラコン  ・ ストッキング  ・ 遠征バック
     ・ ヘルメット ・ ジャージ
 
   ◆ 個人用具
     ◎ 連盟指定用具(メーカーは自由)
       ・ グローブ(硬式用)  ・ バット(硬式用)
       ・ 手袋(白又は黒の単色)
     ◎ その他(メーカーは自由)
       ・ スパイク(黒)  ・ 練習用帽子(白) 
       ・ アンダーシャツ(紺色)  ・ トレーニングシューズ(白)
 
   ◆ その他
     ◎ 練習に利用する用具は特に自由(常識の範囲内)です。
     ◎ 詳細は指導者又は保護者にお問合せ下さい。
 

  【 その他 】


 
 
 ◆ 入部頂いた選手はスポーツ保険に加入して頂きます。
 ◆ お手伝い頂く保護者の方にも保険加入をお勧めしています。
    ◎ 保険料(変更になる可能性有り)
      選  手  1,450円/年 (部費会計より)
      保護者   1,300円/年
 
 ◆ 同チームの練習 ・ 試合、大会等の行事や送迎中のにおこったケガ  
   事故の保障に付いてはスポーツ保険の範囲内とし同チームの責任は
   負いかねます。
 

 【 新打撃練習場 】 (京田辺市 普賢寺)


 

 

   ◆ 土 ・ 日 ・ 祝 は 午前9時から
     12時頃まで打撃場で練習しま
     す。午後からはグランドへ移動
     し、練習を行います。
    (グランドや試合予定により練習場所
     が変更になる可能性があります)

 

   ◆ 平日(火から金) は、午後7時より打撃場又はグランドにて練習を行って
     います。
 
   ◆ 住所 : 京都府京田辺市普賢寺渕尻87-6

 

 【 保護者の方にお願い 】


 
   ☆ 体験練習の間  
     ◆ 体験練習中の見学は自由ですが 硬球が当ると危険です、十分注意して
       見学下さい。
     ◆ 見学中、チームの事でお聞きになりたい事は、近くにいる在部生保護
       にお問い合わせ下さい、聞いて、初めて判る事がたくさんあると思
       います、ドンドンお聞き下さい
 
   ☆ 入部後に付いて       
     ◆ 選手が全力で、プレー ・ 練習するために、お父さん ・ お母さんには
       可能な限り、ご協力頂けるようにお願いしています。

 

 【 Q & A 】


 
 ☆ 選手に付いて
 
        Q、毎日、練習を行っても子供の体は大丈夫でしょうか
        A1、人間の筋肉は、毎日少しずつ動かすことで無理なく徐々に鍛えられていくものです
       特に、中学生の3年間は体(内臓・筋肉・骨・骨格等)が子供から大人に変化し始
       める最も成長著しい時期にあります。だからこそ、週に1回の休息日を入れ、毎日
       少しずつの基礎トレーニングで体力を付け、ボールを投げたり打ったりすることで、
       体に無理な負担をかけることなく徐々に野球に必要な体力と動体視力を身につけ
       る事が出来ます。
 
         A2、ほとんどの選手は高校で硬式野球部に入り甲子園を目標に毎日厳しい練習をする
       事になります、「ケガをしないカラダ造と動体視力は圧倒的な差」として現れます。
       毎日行う中学校のクラブ活動より専門的に行うクラブチームとお考えください。
 
         Q、進路に付いて?  (過去の進路はコチラ)
         A3、木津川シニアでは、選手と保護者の希望を優先し進路を決めて行く事を基本とし
       選手の能力、性格に有った進路の提案も行っています。
 
 
 

 
 ☆ 保護者に付いて
 
         Q、どのような役・当番がありますか?
         A、主な役・・・・運営・学年長・会計・審判部・配車・イベント・学年コーチなど
       主な当番・・・お茶当番・移動当番など
 
         Q、運営とは?
         A、各学年運営担当者との調整を行い年間行事の運営・実施、 遠征、出先での挨拶・調整
 
         Q、審判部とは?
         A、遠征先、練習試合等の審判員・装具の手配等
 
         Q、配車とは?
         A、遠征による車両の調整・人員の割振り等
 
         Q、送迎・移動当番に付いて?
         A、原則、選手の移動・送迎は各保護者が当番制で送迎を行っています。
 
         Q、お茶当番に付いて?
         A、土曜、日曜、祝日等の練習時に選手・指導者・保護者に出す飲料水のお世話を、
       お願いしています。
 
         Q、保護者も積極的な参加は必要ですか?
         A、上記のように保護者の皆さんにもご協力頂きたい事項は沢山有ります、選手が
       練習に集中出来るように、可能な範囲でご協力お願いしています。
 
 
1