2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
長生美佐子台ボーイズ メイン画像1 長生美佐子台ボーイズ メイン画像2 長生美佐子台ボーイズ メイン画像3 長生美佐子台ボーイズ メイン画像4 長生美佐子台ボーイズ メイン画像5

「君達の力」と「長生美佐子台ボーイズの力」で
『全国制覇ができる』
君達の挑戦する力を待っている!

◇他のチームと何が違うの?
 以下のようなことを言われたことがないかな?
 →とにかく遠くに投げろ!
 →もっと、強くバットを振れ!
 →大きな声を出して投げろ!
 当チームの指導では、これの事を言わない代わりに別の指導をします。
 
 ⇒当チームは、選手一人一人の力量に合わせた
  体作り、体の使い方の指導を徹底!
 
◇チームを選ぶ時に何を目的にし、優先する?
 野球チームを選ぶ時、『強いから』『人数がそろっている(多い)から』等々の理由で決めるのも、大事なこと。
 しかし、先輩諸々から『試合に出られない』『怪我をした』『失敗して怒鳴られた』『練習時間が長すぎる』等々を聞くよね?
 
 ⇒当チームは、中学校3年間という貴重な時間を、無駄な練習や怪我で終わらせない。チーム選びの目的、優先することは見えてくるはず。
 
◇どんな練習をしてるの?
 絶対に捕球出来ないような強い打球に対して、気合いで飛び込め!って言われない?言われた事がある君は、気合いだけじゃ取れない!って思わない?
 強い打球に反応できるようになるためには、効率が良い練習の積み重ねが近道。
 
 ⇒当チームの練習は、効率的な練習を実践しています。
  野球界の最前線で監督、コーチを経験されていた方、及びサッカー、陸上、バスケットのコーチ経験者による方法論も積極的に取り入れた練習メニューを構築しています。
 
◇トレーニングの専門家による練習メニューの構築
 《トレーニングディレクター》
  須田 和人先生(合同会社ランパス代表)
  ・『野球体操の著者
  ・プロ野球チーム、オリンピック代表選手へのサポート等々
 
 
◇新しいチームに入るのが不安なんだけど。
 まさしく、その通り!
 その不安を払拭するために、当チームに来たら分かるはず。
 
 ⇒『野球は1対1の勝負の世界』だよね。
  当チームの選手、及びスタッフ全員が、1対1では誰にも負けないし、負けたくないと思ってる。そして、1対1で負けなければ勝てるチームができる。
※これらの事は、他チームの練習を批判しているわけではありません。
最新試合結果
試合が登録されていません
アルバム写真
アルバム写真タグ付け