ホームページ無料登録 ホームページログイン チーム検索
チームアルバム
練習ログ
球団経営・メジャーリーグのフロント入りに興味ある方へ

・将来球団経営
・野球分析
・海外のフロント入り

など、ゲームの世界ではなく、現実に野球に携わる仕事で活躍したい!
方、海外MBA取得で最短距離で!

ソフトバンクの球団取締役として活躍されていた小林至氏(現在江戸川大学教授)も、プロ野球引退後、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得されています。

海外MBAとは、簡単に説明すると、
海外の大学院で経営学を学び授与される専門職学位です。

なぜ海外MBA取得なの?
■野球に例えると基本:投げる・捕る・打つ・走るなど動作習得

今、グローバル化が進んでいく中で、中核の仕事をしていくためには、まずは、国際的な言語能力・対話能力が必要となります。
国内球団だったとしても、今後世界のチームとの交流が活発になると予想されるので、言語能力・対話能力は必要です。
海外留学することで、これらの能力を身に付けることが出来ます。

■野球に例えると基本:サインプレー・守備隊形・配球など頭の技術習得

世界のライバルに勝っていくには、数値分析・組織運営が必要になってきます。
(野球で言うと、サインプレー)
海外MBA取得は、上記能力を取得するために有効な手段となります。

また、海外MBA取得のために世界中から、ビジネスの一線で活躍したいという高い志をもった人が多いので、世界中の質の高い人脈作りも出来ます。

当然MBA取得は容易なものではなく、GMATというテストをクリアする必要があります。

GMATの詳細は下記通信授業のサイトにありますので、チェックしてみてください。

http://gmat-mba.jp/
熱父さんは野球コレクター
熱父さんは野球コレクター
昨日のアクセスランキング
球団経営・メジャーリーグのフロント入りに興味ある方へ
(C) Copyright MOCA All rights reserved.